スイカ と こども

健康なこどもとスイカ

こどもたちが太りつつあります。

肥満がアメリカのこどもたちの健康を急速に犯しつつあります。最近の研究によると、この20年間で、太りすぎのこどもの数は倍増しています。アメリカ健康・栄養調査報告(National Health and Nutrition Examination Survey)は、6-19歳のこどものうち、15パーセントが太りすぎだといっています。

肥満は、糖尿病、心臓病、高血圧の原因になるのはもちろんのこと、さまざまな心臓の疾患にくわえて、気持ちが落ち着かないといった症状も引き起こします。また、肥満のこどもは、大人になっても肥満が解消しない場合がおおく、慢性的に健康に問題を抱えつづけることにもなりかねません。こどもの頃から、太らないようにすることが、健康にとって大切なのです。

健康は家庭から

こどもが、健康的な生活を送る習慣を身につける場所は家庭です。こどもの頃から慣れ親しんだライフスタイルは、大人になってからも、その人の人生に大きな影響をおよぼしつづけます。

親がこどもを肥満からまもるためには、栄養が豊富でたのしい食事を、こどもとともにすることです。全粒穀物、色とりどりのやさいやくだもの、低脂肪の乳製品、豆、赤身の肉、鶏肉、魚、ナッツ──こういったものを、こどもと一緒に楽しみながら食べましょう。

医師の指導をうけている場合は別ですが、こどもが食事を制限されるのは不幸なことです。自分のこどもが太りすぎだと感じたら、小児科医と栄養士に相談し、ベストな解決策をさがしてください。

こどもが生涯にわたって健康な食生活をおれるようにするためのヒント

今日のおすすめレシピ

>他のレシピを見る

Did you know?

Fruits Clinic プレゼントいっぱい!フルーツ情報満載のポータルサイト