健康と栄養

アメリカ産すいかは美味しくてヘルシー!
すいかはビタミンAやCをはじめ、さまざまはビタミンが含まれています。
また全体の92%が水分でできているので、夏の水分補給に最適です。
すいかに含まれるリコピンは強力な抗酸化作用があり、その含有量はもぎたてのトマトより多く含まれています。

スイカの栄養と効果

ながらくスイカは、水分が豊富で、あまくておいしいだけの夏の果物だとおもわれていました。しかし、この数年のあいだに、栄養や医学のプロ、学者、研究者が、スイカが健康にいいことを次々と発見しています。スイカは、しんじられないほど健康にいいくだものなのです。

たとえば、エリザベス・ソマーの『スイカ 豆知識』を見てください。患者にスイカをすすめたくなるはずですよ。

くだものや野菜のなかでも、スイカはリコピンの豊富さではトップクラスだと断言できます。また、健康にやせられるダイエット フードとして、スイカは、女性にも、こどもにも、男性にも、さらには妊婦にも無視してほしくはないくだものです。

栄養のプロによれば、スイカには「ビタミン A」、「ビタミン C」が豊富にふくまれ、「ビタミン B6」も多くふくまれています。

  • 「ビタミン A」は、目に効く成分で、白血球の一種、リンパ球の働きを活発にして、免疫力をたかめます。
  • 「ビタミン B6」は、おおくの病気に抵抗する、抗体をつくって免疫力をたかめるのに使われる栄養素です。神経をよい状態にたもち、赤血球をつくる際にも、ビタミン B6が使われます。タンパク質の分解にも必要な栄養素なので、肉などを多く食べるのであれば、それだけ、ビタミン B6も必要、ということになります。
  • 「ビタミン C」は病気、ウイルスへの感染を予防し、老化や白内障を進行させる「フリーラジカル」への抵抗力もたかめます。
  • また、280gのスイカにふくまれる栄養素のうち、カリウムの量は、一日に必要とされるカリウムの10パーセント程度にあたります。カリウムはあらゆる細胞のなかに存在するミネラル、必須元素で、体内の水分のバランスをととのえます。体内のカリウムの量が減ると、筋肉がつりやすくなります。
今日のおすすめレシピ

>他のレシピを見る

Did you know?

Fruits Clinic プレゼントいっぱい!フルーツ情報満載のポータルサイト