すいかについて

いいスイカの見分け方は?

いいスイカの見分け方は簡単です

  1. スイカをよく見て、傷やへこみがないかを確認してください。形がきれいで、見た目にしっかりと引き締まったものが、いいスイカです。
  2. 持ち上げてみてください。スイカは92パーセントが水分なので、重いものほど、水分がたっぷりはいったいいスイカです。
  3. スイカの底の部分をみてください。クリームイエローの部分があれば、そこでそのスイカは、大地の上にすわって、ほかの部分では日光をあび、よく熟している、というしるしです。

スイカはどうやって育つの?

スイカの成長に必要なものはみっつ。太陽、ハチ、水です。

スイカ農家はふつう、高さ10-30cmほどの大きな枠のなかに、栄養豊富な砂っぽい土を入れ、2.5-3.5メートルほどあいだをあけて、一列にスイカの苗を植えます。

スイカの花は黄色く、ミツバチが受粉させます。種なしのスイカでも、スイカの実がなるためには、受粉が必要です。一カ月ほどで、スイカのツルは2-2.5メートルほど広がり、2カ月ほどで、最初のスイカがなります。さらに1カ月ほどで、収穫できるようになります。

スイカのかわは見た目ほど丈夫なわけではないので、収穫は手でおこないます。このとき大事なのは、スイカの底に、白っぽかったりベージュっぽい色の部分があるのを確認することです。これが熟しているかどうかの目安になるのです。スイカ収穫には、人それぞれにコツや代々受け継がれている技がありますが、この黄色っぽい部分をさがすのは、わたしたちがスイカを買うときとおなじです。

種なしスイカの歴史は?

種なし、あるいはほぼ種なしのスイカが誕生したのは50年も前です。ここでいう種というのは、成長した、黒い種で、白い種のことではありません。ちなみに、スイカの種は食べてしまっても安全で、おなかのなかで芽が出る、なんていうことはありませんから安心してください。

さて、種なしスイカですが、染色体は生物の特徴、特性を決めるものです。2倍体の植物(染色体を2組もつ、一般的な植物)と4倍体の植物(染色体を4セットもつ植物)をかけあわせると、3倍体の植物(3組の染色体をもっている植物)がうまれます。この3倍体のスイカの種が、種なしスイカの種です。

別の言い方をするならば、種なしスイカは、細胞あたり22の染色体をもつオスの花粉を、細胞あたり44の染色体をもつメスの花と交配することで誕生し、結果できあがる白い種には33の染色体があります。この種からできたスイカは、それ以上、種をつくることがありません。オスのロバとメスの馬をかけあわせると生まれるラバとおなじです。種なしスイカは、遺伝子組み換えの結果うまれたものではありません

スイカ トリビア

スイカは洗おう

お手元のそのスイカ、洗ったほうがいいと知っていましたか? アメリカ食品医薬品局は、かわの有る無しにかかわらず、食べる前に野菜やくだものは水洗いしたほうがいいと言っています。また、包丁やナイフは清潔なものをつかいましょう。もちろん、まず手をきれいに洗ってくださいね。

スイカの種類

アメリカとメキシコで栽培されているスイカの種類は200-300種類。そのうち、よく知られているものだけでも50種類ほどあります。インターネットで探すか、種会社に連絡すれば、今現在、よくあるものから、歴史的なものまで、さまざまな種類のスイカを見つけることができるでしょう。最近のスイカ愛好家は5種類におおきくスイカを分けています:「種あり」、「種なし」、「ミニ」、「イエロー」、「オレンジ」の5種類です。

私のスイカ、果肉が割れていたわ!

それはあなたのせいではありません。

なぜ、スイカの果肉が割れてしまうのか、アメリカの農家や研究者は、日々、その原因を追求しています。現在までにわかっているのは、いくつかの現象が、スイカの成長時期に連続して起こると、果肉が割れてしまうということです。たとえば、急に寒くなったあとに、今度は熱波がきて、そのあと雨が多く降りすぎると、この現象がおこりやすくなります。

とはいえ、もしもスイカを割ってみて裂け目がはいっていたとしても、食べるにあたっては何も問題はありません。むしろ、スイカとともに育ったこどもたちは、裂け目のまわりはあまいことを知っています。事実、あまみが、裂け目のまわりにたまりやすいのです。

裂け目のあるスイカは、成長がはやすぎて、すぐに洋服がきつくなってしまうこどもみたいなもので、あなたも、我が子がもうちょっとゆっくり大きくなってくれてもいいのに、とはおもっても、それで、その子がかわいいとおもえなくなったりはしないはずです。そんなふうに考えてみてください。

スイカの歴史

スイカはアフリカのカラハリ砂漠で生まれたと考えられています。現存最古のスイカ収穫の記録は5,000年前のエジプトでのもので、古代の建物の壁面に、象形文字でその様子が描かれています。また、エジプトでは、王が死後の世界で食べるように、とスイカが王と一緒に、墓に埋葬されることもありました。

エジプトを発祥の地として、スイカは地中海周辺に広まり、10世紀には中国にもたらされました。中国はいまや、スイカの世界最大の産地です。

13世紀にはムーア人の手でヨーロッパの各地にスイカが広まりました。

南国料理史の研究家 ジョン・イガートンは、著書『Southern Food』のなかで、アフリカの奴隷たちが、アメリカにスイカを持ち込んだと考えています。

現在アメリカのスイカ生産量は世界第4位。フロリダ州、テキサス州、カリフォルニア州、ジョージア州、アリゾナ州を筆頭に、44の州で、栽培がおこなわれています。

今日のおすすめレシピ

>他のレシピを見る

Did you know?

Fruits Clinic プレゼントいっぱい!フルーツ情報満載のポータルサイト